日記

のみろぐ

主に競プロ日記です

RUPC2018参加記

まえがき

  • 実力的に緑コーダーが参加して良いのかわからなかったけど、説明欄に「だれでも参加おっけー(意訳)」と書いてあったので参加した。
  • いろいろあって書くのが遅れたので記憶があいまい。やっぱすぐ書くべきだね。うん。

1日目

コンテスト前

  • 自己紹介があったりした。強そうな大学名が並ぶ中、自分の大学の名前が言えず「大学名は秘密です」などと言ってしまった。
  • Twitterでしか見たことがない人ばかりだったので新鮮だった。

コンテスト

  • nadareさんとprdさんが誘ってくださり、一緒に出ることにした。prdさんはTwitterで解法を教えて貰ったことがあったが、nadareさんとは初絡みだった。
  • A問題は簡単そうなので僕が解いた。
  • なんか提出できなくてバグか???って思ったらログインしてなかった。
  • B, Cは2人に任せてDを読んだ。が、全然わからん
  • B, Cの解法を話し合ったりしたが、頭が付いていかず2人の邪魔になるといけないためひたすらDを考えていた。
  • 結局nadareさんがB, Cを提出して通した。
  • コンテスト後、けんちょんさんがE問題の解法を一瞬で思いついたと聞いてガチプロを感じた。

懇親会

  • 口内炎がすげー痛かった
  • いろんな人と話そうと思ったが、コミュ障過ぎて話しに行けず。。。
  • TABさんとかしゅういちくんとしゃべった記憶がある

2日目

コンテスト

  • yamadさんとchocoboさんと出ることになった。chocoboさんはTwitterで見たことがあった。yamadさんはアイコンの色からして緑か水色だと思っていたが、黄色だったので強いーーーってなった。
  • Aは簡単そうなので僕が通した。Bはchocoboさんが通した。
  • Cは、yamadさんが教えてくれた解法をそのままコードにして書いた。
  • yamadさんがDを解いてる間に、2人で他の問題を読んだり考察したりした。
  • 3人で解法を話し合ったりした。やっぱり強い人は考察がくそ早い。「これはこんな風に考えられるからほげほげ」とかすぐに解法生やすのですげぇってなった。
  • その後は、3人で話し合いつつyamadさんがE, F, G, Iを通した。強すぎて笑う。

    懇親会

  • 財布をなくしたため懇親会は20分くらいの参加となった。
  • tuboさんが親身になってくださり、ありがたすぎた。ホントに助かりすぎた。ありがとうございます!
  • 思い当たる区間を2回全探索してから警察、バス会社に電話を掛けた。
  • 道をキョロキョロしていたらお姉さんが気持ち悪そうな目で見てきたので辛かった。

3日目

コンテスト

  • らてあさん、tuboさんと組んだ。らてあさんはTwitterでよく見かける元気な人(イメージ)。tuboさんは昨日助けていただいた鶴ですって気分で出逢った。
  • 例のごとく僕がAを考えた。らてあさんが「自信なかったら解法聞こうか?」と言ったのでやさしーーーってなった。
  • AはC++で提出したらREしたが、C++14で提出したらACした。
  • らてあさんがBを通した。辛いって言ってた。
  • tuboさんと他の問題を全部読んだ。問題文を読み取るのがはやかった。僕にもわかるように説明してくれた。
  • tuboさんがCを解いている間、らてあさんとDをどう解こうか考えていた。らてあさんが、「今DP教えたら圧倒的成長しそうやけどなー」と言ってくれたことが嬉しかった。
  • Dは結局わからず。
  • Fをtuboさんが通した。
  • Cのバグ探しをしていたが、結局見つからず終了

その後

  • いろんな人と話した。
  • 帰宅前にしゅういちくんと京都駅付近を歩き回るなどした。

全体的な感想

  • 競プロは1人で気楽にできるのがいいところだと思っていたが、チームでやるのも楽しかった(僕はそんなに貢献できなかったけど)。
  • プロ達がやさしい。僕でも参加できるように解法を話し合ってくれたり。。。嬉しかった
  • 自分の実力が足りなすぎると思った。プロは考察も実装も早くて、それを目の当たりにした。
  • Twitterでしか絡まなかった人と現実世界で絡めて良かった。
  • あの場ではハンドルネームで呼び合うのに違和感がなかったが、普通に考えると異様な光景だなーと思うなど。